質問と回答一覧1


全項目に詳しい解説もございます。「解説の項」をクリックして下さい。


Q1 フケはどうして出るのですか。

A1 皮膚は約4週間で生まれ変わっていくものですから、ある程度フケは出るものです。
しかし、毎日洗ってもフケが出たり、肩が白くなるようであればフケ症と考えられます。
原因はシャンプーなどの脱脂力が強過ぎてなる場合と頭皮にフケ菌が繁殖している場合などがあり、それぞれに合わせた対策が必要です。
詳しいことは解説をご覧下さい。


Q2 カユミはどうして出るのですか。

A2 原因別に大きく分けると2つ考えられます。
第1は皮膚に炎症がある場合でアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎などです。
接触性皮膚炎の一つとして顔につける化粧品、シャンプーなどが原因のこともあります。
第2は皮膚に炎症がないのにカユミが出る場合です。
その中で、よくあるのが、高齢化に伴い皮膚の保湿力が落ちて起こる場合です。
その他に考えられるのは内蔵疾患などが影響していることもあります。
それぞれの原因によってとるべき対策も異なってきますので、原因に思い当たることがなく、長く続く場合には皮膚科医などに相談してみることをお勧めします。
詳しいことは解説をご覧下さい。


Q3 シャンプーにはどのようなものが入っているのですか? 安全なのですか?

A3 シャンプーは化粧品の技術基準によって作られていますから、化粧品と同じレベルの安全性は確保されています。
洗浄剤(界面活性剤)が主成分で、これに保湿剤、増粘剤、増泡剤、溶解補助剤、コンディショニング剤(シリコーンポリマーなど)、金属封鎖剤、pH調整剤、防腐剤が一般的に配合され、特殊成分としてフケ取り剤、消炎剤、香料などが加えられることがあります。
これだけの機能を持つ素材を必要としますが、それぞれ専門の素材を加えず、他の成分でその機能を満たすことも良く行なわれます。同じ洗浄剤、保湿剤でも色々ありますので、シャンプーの素材の組合せは無限に近くなります。
世の中に星の数ほどシャンプーがあるのはこのためです。これだけ多くの素材を使いますので素材の選び方によって低刺激性、使用感、環境への影響などに大きな差が出ます。
詳しいことは解説をご覧下さい。


Q4 無添加処方とはどういうものですか? これなら安全なのですか?

A4 旧・表示指定成分(別項目として説明しています)を含まないものを無添加処方というのが一般的ですが、「鉱油を添加しない」とか、「〇〇を含んでいません」とか各社が特色を出すためにも使われます。
旧・表示指定成分を決めた経過、その後の運用を見ると無添加処方なら安全とは言い切れませんが、低刺激性化粧品、低アレルギー化粧品では無添加処方のものが多いのも事実です。
詳しいことは解説をご覧下さい。


Q5 防腐剤はなぜ必要なのですか? 入っていても安全なのですか?

A5 大便の半分は微生物と言われる位に、私達のからだ(皮膚にも)には菌が存在します。菌は私達と共存し、私達をまもってくれている面もあります。
しかし、病原菌などが繁殖しては困るので、シャンプーなどの化粧品では何らかの防腐対策は必要で、各社必ず対策を立てています。
防腐剤が入っていても普通の方にとっては問題がありません。(ある方は敏感肌などと呼ばれます。)
ただ、敏感肌の方、アレルギー性の方は防腐剤と定義されているものを使うとトラブルになることがあるので、他の素材で補うか、加熱など物理的手段を使うなどいろいろな工夫がなされています。
詳しいことは解説をご覧下さい。


Q6 弱酸性なら、からだに良いのですか?

A6 人の皮膚は弱酸性ですので商品が弱酸性であることはベターといえます。
TVなどでPRされると「弱酸性」自体に効能・効果があるような錯覚を起こしてしまいがちですが、実際にはそのようなものではありません。
商品に含まれる成分などの刺激性が重要であって、「弱酸性」は肌にやさしい一つの条件を満たしているに過ぎないと考えるのが妥当と思います。
詳しいことは解説をご覧下さい。


Q7 旧・表示指定成分とはなんですか?

A7 2001年4月より全成分表示制度が実施されましたが、それまで薬事法により表示を義務付けらていた成分のことです。
表示指定成分の説明として専門書には“香粧品の原料は、一般に無害、無刺激なものですが、消費者の体質(例:アレルギーまたは過敏症など)によっては長期間連用することによりスキントラブルを生ずる可能性があると考えられます。そのような成分については製品ごとに表示が義務づけられています。”と書かれています。
これが正しい理解ですが、この趣旨が正しく生かされず、表示指定成分が何か毒物であるかのように大騒ぎしたり、表示指定成分さえ使わなければ安全であるかのように宣伝に使われているのは残念なことです。
このような事態になった背景には表示指定成分の指定時の取扱いとその後の運用の問題もありますので専門的な立場から補足します。
詳しいことは解説をご覧下さい。


Topへ